KOBE鉄人PROJECT 神戸鉄人プロジェクト 鉄人28号モニュメント賛助会員募集
鉄人PROJECTトップページへ 更新履歴 イベントレポート KOBE鉄人PROJECTについて 横山光輝氏プロフィール レポートブログ コンタクト・お問い合わせ 神戸新長田アクセス


鉄人28号18m巨大モニュメント建設報告

●取材などで作られた動画など 鉄人28号モニュメント&三国志の街新長田の映像をご紹介




















鉄人28号18m巨大モニュメント建設報告

2009.11.25 鉄人28号モニュメントの足下の公園整備が完了しました。



足元から見上げたり、撮影していただけます。公園自体の整備は来年春まで行われます。
※鉄人に登っている方もおられますが、危険なので鉄人には決して登らないようお願いします。当方責任は一切負いかねます。

2009.11.4 11月中旬頃に足元の整備が完成します。



完成すると、真下からも鉄人28号モニュメントをご覧いただけます!

2009.11.2 夜の新長田にガオー!ライトアップ始まりました。



ライトアップ時間 : 日没(自動点灯)~21時30分

2009.10.4 鉄人28号モニュメント完成記念セレモニー



11時のセレモニー受付直後からご招待した方々やメディアの方達がご来場されました。
11時30分、阪神・淡路大震災でいち早く新長田の小学校に慰問に来て新長田に元気を届けていただいた、関西エイサー界の雄「琉鼓会」の皆さんの力強く華麗なエイサー演舞で「鉄人28号モニュメント完成記念セレモニー」を開始しました。


NPO法人神戸鉄人プロジェクト・正岡健司理事長、神戸市長・矢田立郎様のご挨拶、兵庫県知事・井戸敏三様のご祝辞、株式会社光プロダクション様からのメッセージのご紹介、続いてセレモニーにご臨席いただいた皆様のご紹介をさせていてだきました。メインイベントは、関係者ならびにお世話になった方々を代表しての総勢28名でのテープカットです。

テープカットでは、スペシャルゲストで財団法人神戸市演奏協会、神戸市混声合唱団の皆さんがセレモニーのために特別に「神戸鉄人合唱団」を結成していただき「鉄人28号」のテーマ曲の合唱と、さらにスペシャルゲストで昭和38よりTV放送されたモノクロアニメ「鉄人28号」で敷島博士の声を担当された矢田稔さんにお越しいただきました。

矢田さんの「鉄人!28号!」のかけ声に合わせてテープカットをしました。テープカット後は、KOBE鉄人PROJECTの今後の活動紹介をさせていただき、セレモニーの締めくくりでは再び「神戸鉄人合唱団」の皆さんに「正太郎マーチ」をもう一曲素敵な歌声でお聞かせいただき、セレモニーは終了しました。当日会場周辺では限られた狭い場所ではありましたが多くの一般の方々にもご観覧いただき誠にありがとうございました。

セレモニー後は会場フェンスを外して一般の方にもこの日だけセレモニー用に整地した足元まで近付いて「鉄人28号モニュメント」を見ていただきました。当日は、新長田駅前広場では「琉球祭」の開催もあり、新長田は一日中盛上がりました。
※当日は、イベント用フェンスを使用しております。10/5以降は足元の整地工事の為、11月末の工事完了まで再びモニュメントは通常の工事用フェンスで囲まれています。ご了承ください。

2009.10.1 青空の下の鉄人28号モニュメント


2009.9.29 鉄人28号モニュメント 完成しました。

構想4年、8月11日からの新長田・若松公園での50日間の「鉄人28号モニュメント」建設は、9月29日の足場撤去作業の完了をもって完成となりました。ご覧の通り、公園内に立つ「鉄人28号モニュメント」は堂々とした大迫力の姿となりました。
今後、足元の公園整備が11月末にかけて行われ、整備完了後は足元まで近付いてご覧いただけますので、今暫くお待ちくださ
い。現状でも公園整備のフェンスはございますが、かなり側まで近付けますので「鉄人28号モニュメント」を楽しんで頂けるかと思います。今回をもって「鉄人28号モニュメント 建設報告」を終了させていただきます。足元の公園整備が進行しましたら、またこち
らで報告させていただきます。最後になりましたが、「鉄人28号モニュメント」建設へのご支援、ご声援、誠にありがとうございました。

2009.9.25 完成間近


2009.9.7


2009.9.1 & 9.2

8月31日から9月2日までの3日間で足場と幕が張られました。幕は今後の溶接や塗装などの作業に安全のためのものです。この幕が外れる時がモニュメント完成の時です。


2009.8.31


2009.8.25


2009.8.23


2009.8.18


2009.8.17


2009.8.15


2009.8.14


2009.8.13


2009.8.12


建設スタートしました。 2009.8.11

建設スタートしました。 いよいよ鉄人28号モニュメントの建設が開始です。本来なら昨日からの予定でしたが悪天候のため本日からとなりました。今日は両脚の設置作業が行われました。


建設スタートしました。

起工式。 2009.7.28

7月27日(月)15時、多くのお世話になっている方々や各メディアの報道の方々をお招きして、鉄人28号モニュメントの起工式を行いました。朝準備をしている時には時折強い雨になり、午後三時からの式ではどうなる事かと心配しましたが、式直前には雲も切れ間を見せ始め、除幕式では、強い日射しの夏の太陽が姿を見せる中、ご臨席いただいた、来賓の皆様をご紹介させていただき、除幕をしました。除幕で姿を現したのは、この日に合わせて塗装されて会場に運び込まれた鉄人の頭部です。今まで見ていた鋼鉄の鉄人は製造途中の姿、除幕後目にした最終カラーで塗装されたその姿に、いよいよここ新長田・若松公園で建設が始るという期待感で胸がいっぱいになりました。今後搬入された鉄人のパーツで8月初旬には本格的に建設がスタートします。


起工式

鉄人、目入れ式。 2009.7.22

先日、工場で鉄人の命とも言える目の位置をモニュメント原型を製作した造型作家の速水さんに決めて頂きました。その「目入れ式」はTV、新聞、雑誌など多方面の取材陣の中行われ、既にメディアを通してご覧になられた方もおられるかとは思いますが、本HPでも報告させて頂きます。
その鉄人の眼差しは、右手拳の先に向いこれから進む神戸・新長田の元気で明るい未来をしっかりと見つるイメージとして頂きました。
※前回報告の中で錆び止め塗装が既に塗られていると報告しましたが、まだ鋼鉄の鉄人でした。


鉄人、目入れ式。

若松公園に鉄人の足が搬入されました。 2009.7.7

いよいよ、工場から鉄人のパーツの搬入が開始されました。最初に搬入されたのはご覧の通り両足です。前回までの工場でのパーツと色が違うのは、錆び止め塗装がされているためです。工場に残っているパーツにも既に錆び止めの塗装がされているそうです。よって、今までお見せしていた鋼鉄に光っている鉄人はもう見れないそうです。錆び止めは若松公園で組立ながら更に塗られます。鉄人は今後、7月の中旬以降から本格的に搬入されます。しかし、このようにトラックで運んでいる途中の鉄人...特に頭部やパンチを道路上で見てみたいものです。


若松公園に鉄人の足が搬入されました。

鉄人、頭部とボディのドッキング! 2009.6.26

前回お伝えした通りに今回の視察では、ほぼ出来上がった鉄人の頭部を工場内でチェックの為に、胴体部との組立作業を見る事が出来ました。毎回ですが、またまたあまりのカッコよさに再び感動してしまいました。
若松公園にモニュメントが完成すると、こんなに間近では見れないので、しっかりと目に焼き付けてきました。チェック後は、また分割して若松公園に運ばれてくるそうです。次回はどのような鉄人28号をご報告出来るか、私も楽しみです。


頭部とボディのドッキング

遂にほぼ全てのパーツが揃ってきました! 2009.6.11

 

前回、お伝えした通り今回の報告で「鉄人28号モニュメント」の全容をお見せ出来るまで製作が進行していました。
工場を訪れると今回も驚きの光景が目に飛び込んできました。

1)完成間近の各パーツが所狭しと置かれています。
2)3)4)その中でも一番は、なんと言っても頭部が出来つつあると言う事です。
思わず『お~!でたぁ~』っと言ってしまったほどカッコ良かったです。
5)頭部に付ける“とさか”(笑)です。
6)肩の関節を覆うパーツ。
7)前回お見せした胴体部の現状です。
 A)胸部前面
 B)ではお腹がさらに縦割りで2分割されています。
8)9)その2分割された外側と内部です。脚を取付けるための穴を開けているところです。
10)ここには主に内部の骨格が置かれています。
 C)左脚内部鉄骨、D)太もも内部鉄骨(股関節あたり)、E)右脚内部鉄骨、F)太もも外皮
11)足内部鉄骨
12)ロケットのジョイント

今回、工場に置かれていた部品を組み合わせると、18mの「鉄人28号」が出来ると思われるほど、
各パーツがほぼ揃っていました。それらを工場内で部分的に組み立てると聞いています。
近い内にその光景をお見せ出来る事を私達も待ち遠しい限りです。
次回の報告をご期待ください。

全てのパーツが勢揃い

胴体部の製作開始! 2009.5.19

 
先日工場を訪ねると「鉄人28号モニュメント」の製作もご覧の通り順調に進んでいました。
工場では、胴体部分と腕などの製作が開始されていました。
写真1) 前回報告したロケットがほぼ完成していました。
写真2)3)4) 胴体部です。胸とお腹が2分割で置かれていて、成形、接合される現場を見る事ができました。
         写真4)でその巨大さを感じて頂けると思います。
写真5) 腕に使われる部品です。
写真6) 腕は、中に入って作業が出来るほどの太さがありました。
写真7) 鉄人内部の構造です。これらの部品で巨大な「鉄人28号」を支えます。
写真8) 背骨となる部品です。左下が頭、右上が腰になります。中間部に腕のジョイント部、
     上に伸びているV字型の部分はロケットのためのジョイントです。
前回同様、今回の見学でも「鉄人28号モニュメント」の大きさと迫力に圧倒されました。
更に設置される若松公園では、土台の基礎工事も始り、7月末からの設置工事が待ち遠しい限りです。
次回の報告では更に全容を明らかにする「鉄人28号」をお伝え出来るかと思います。


胴体部の製作開始

鉄人28号18mの制作快調に進行中! 2009.5.1

 
この夏からの若松公園における建設(設置)工事にむけ、鉄人モニュメント本体の製作が順調に
進んでいます。骨格ともいえる構造体の製作はほぼ完了し、現在「握りこぶし」「ロケット」「腕」の
装甲板の切り出し、3D曲げ加工、溶接というふうに進行しています。
その迫力と製作過程は、まさしく「鉄人」を作っている感じで迫力満点!
随時報告写真を本ホームページでご紹介していきますのでお楽しみに。

 
鉄人28号18m巨大モニュメント製作写真200905